尹氏は笑顔、岸田首相は硬い表情 会談の位置付け巡り透けた溝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日韓首脳の懇談の際、韓国の尹錫悦大統領と握手する岸田文雄首相(右)=米ニューヨークで2022年9月21日(内閣広報室提供)
日韓首脳の懇談の際、韓国の尹錫悦大統領と握手する岸田文雄首相(右)=米ニューヨークで2022年9月21日(内閣広報室提供)

 訪米中の岸田文雄首相と韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領は21日(日本時間22日)、対面で協議した。ただし、「懇談」との名目で、正式な首脳会談と位置付けることはできなかった。双方とも関係改善の必要性を感じつつ、その道筋が描けていない現状を浮き彫りにした。

 「決まってないのに、なに勝手に会うとか言ってんだ。そんなこと言うなら逆に会わねえよ」。岸田首相は15日、韓国側が国連総会に合わせ、日韓首脳会談を開催すると発表したとの報告を聞き、周囲に不快感を隠さなかった。

 官邸幹部は韓国側の発表に対し「事実無根」と火消しに走り、非公式な立ち話さえも「韓国側が近寄ってくれば話はするかもしれないが、日本としては予定はない」とし、態度を硬化させた。

 両首脳の非公式会談は冒頭撮影など報道関係者が立ち会う機会がセットされなかった。代わりに日本政府は両首脳が握手する写真を公表したが、笑…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文975文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集