大切な人失った当事者語り合い「心が楽に」 NPO遺族支え愛ネット

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
NPO法人「遺族支え愛ネット」代表理事の京井幹男さん=大阪市中央区で2022年9月6日午後4時11分、川畑さおり撮影
NPO法人「遺族支え愛ネット」代表理事の京井幹男さん=大阪市中央区で2022年9月6日午後4時11分、川畑さおり撮影

 大切な人との死別を経験した時、人は深い悲しみと喪失感に襲われる。NPO法人「遺族支え愛ネット」(大阪市中央区)は、家族を亡くした当事者たちが気持ちを分かち合う場を設けるなど、悲嘆を抱える遺族の支援に取り組む。代表理事の京井幹男さん(73)は「互いに傾聴し合うことで心が楽になってくる。気持ちを吐き出せる場所が必要だ」と語る。【まとめ・川畑さおり】

 喪失体験を持つ遺族同士が語り合い、支え合う場を提供し、悲嘆を緩和するサポートをしています。活動の中心は月1回の「ささえあい暖話室」です。講師や音楽家の方を招いての講演会や演奏会、5、6人のグループに分かれて話をする「分かち合い」をしています。また、会員が個別に囲碁やボウリング、食事会などを開く「自主クラブ」と称した活動などもあります。

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1934文字)

あわせて読みたい

ニュース特集