対面接客の薬剤師、名札を巡る苦悩 フルネームやめる動き

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フルネームの名札を付けて仕事に臨む薬剤師たち。薬の説明を始めると、患者の目線が名札に移るのをよく感じるという=大阪市中央区の薬局で2022年9月6日午後5時26分、益川量平撮影
フルネームの名札を付けて仕事に臨む薬剤師たち。薬の説明を始めると、患者の目線が名札に移るのをよく感じるという=大阪市中央区の薬局で2022年9月6日午後5時26分、益川量平撮影

 街の身近な健康相談窓口である薬剤師が、自身の名札を見た相手からストーカーやカスタマーハラスメント(カスハラ)の被害を受けるケースが相次いでいる。インターネットを使って個人を特定しやすくなったことが背景にある。国も問題視し、フルネームの名札着用を必ずしも求めないといった対策を講じている。

 「名札に記載したフルネームをもとにSNSで名前を検索され、若い女性従業員がつきまとわれた。クレーマーから『名前をネットにさらす』などと脅された従業員もいる」。大手ドラッグストアチェーンの50代の管理職男性が疲れた様子で話した。

 厚生労働省医薬・生活衛生局は従来、薬局や店舗の責任者に対し、薬剤師らは氏名記載の名札を付けるよう呼び掛けてきた。このチェーンの店舗でもフルネームの名札を胸に付ける決まりだったが、2020年ごろを境に、ストーカーやカスハラの被害が急増。配置転換を希望したり、心身の不調で休職したりする従業員も出てきた。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1263文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集