特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍元首相国葬、45都道府県が弔旗や半旗 毎日新聞アンケ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相の国葬の会場となる日本武道館=東京都千代田区で2022年6月、本社ヘリから
安倍晋三元首相の国葬の会場となる日本武道館=東京都千代田区で2022年6月、本社ヘリから

 27日に実施される安倍晋三元首相の国葬を巡り、47都道府県中45都道府県が国葬当日に弔意を示すため庁舎に弔旗や半旗を掲げる方針であることが毎日新聞のアンケート調査で判明した。一方、学校に掲揚を促すよう通知を出したのは47都道府県教育委員会のうち山口県教委のみだった。県庁所在地や政令市、特別区の計74市区のうち17市区が掲揚しないことを決めるなど、国葬実施について世論が二分する中、都道府県と県庁所在地などで判断も分かれている。

 国葬当日の対応について、葬儀委員長を務める岸田文雄首相は各府省庁で弔旗を掲揚し黙とうすることを決定した一方、自治体や学校現場には弔意表明を要請しない意向を示している。

 毎日新聞は9月、47都道府県、県庁所在地の46市とそれ以外の5政令市、東京23区の計121自治体とそれぞれの教育委員会にアンケート調査を行い、当日の対応などを聞いた。

 庁舎や敷地内で弔旗や半旗を掲揚する予定があるか選択肢を示して尋ねたところ、47都道府県のうち「掲揚する」が38で、「掲揚を検討」が7だった。「未定」は福岡県、「掲揚しない」は沖縄県だった。

 沖縄県の玉城デニー知事は16日の記者会見で「(7月の葬儀の際に)県庁舎に半旗を掲揚し弔辞なども送った。県として弔意は示していると考えている」と述べている。

 県庁所在地とそれ以外の政令市、東京23区では、計74市区のうち「掲揚する」が18▽「掲揚を検討」が3▽「未定」が36。「掲揚しない」は17だった。

 「掲揚しない」とした鳥取市は取材に「2020年の中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬では国から要請があって半旗を掲揚したが、今回は要請がない」と理由を説明。青森、大津の両市も「国からの協力依頼がない」と答えた。

 121自治体には黙とうをする予定があるかも尋ねたが、…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文2010文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集