特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

政活費から会費支出 県会議長、旧統一教会関連団体に /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 愛媛県議会議長の渡部浩氏(67)=自民党、6期、西条市選挙区=が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体の会費などを政務活動費から支出していたことが判明した。渡部氏は毎日新聞の取材に、会費などを支出した各団体と旧統一教会との関係について、「(当時は)分からなかった」と述べ、個人的なつながりについても否定した。

 2020年度と21年度の政務活動費収支報告書によると、渡部氏は旧統一教会の関連団体が関わる「日韓トンネル推進愛媛県民会議」の賛助会費として両年度に1万円ずつを支出。他にも、21年1月=日韓トンネル書籍代300円(1冊分)▽同年4月=県平和大使協議会年会費1万2000円――が記載されていた。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文512文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集