長濱ねるさん、内村航平さんが一日駅長 西九州新幹線開業祝う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
長崎駅の「一日駅長」には長崎県出身のタレント、長濱ねるさん(右)が就任した=長崎市の長崎駅で2022年9月23日午前5時3分、高橋広之撮影 拡大
長崎駅の「一日駅長」には長崎県出身のタレント、長濱ねるさん(右)が就任した=長崎市の長崎駅で2022年9月23日午前5時3分、高橋広之撮影

 九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)が開業した23日、沿線の各駅で記念式典があった。長崎市のJR長崎駅では、同市出身のタレント、長濱ねるさんが「一日駅長」に任命され、「一番列車」である午前6時17分発武雄温泉行き新幹線「かもめ」に出発進行の合図を送った。

新幹線「かもめ」の「一番列車」の出発進行の合図をする長崎駅「一日駅長」の長濱ねるさん=長崎市のJR長崎駅で2022年9月23日午前6時16分、高橋広之撮影 拡大
新幹線「かもめ」の「一番列車」の出発進行の合図をする長崎駅「一日駅長」の長濱ねるさん=長崎市のJR長崎駅で2022年9月23日午前6時16分、高橋広之撮影

 長濱さんは、任命式で「SNS(ネット交流サービス)で長崎の魅力を発信してきた。新幹線『かもめ』が、長崎を訪れる皆様の希望になり、末永く愛されてほしい」と語った。出発式には、斉藤鉄夫国土交通相や長崎県の大石賢吾知事、長崎市の田上富久市長らが出席。改札の通り初めなどで西九州新幹線の開業を祝った。

 長崎発の一番列車に乗った兵庫県西宮市の会社員、水野秀明さん(60)は切符を1カ月前の発売と同時に購入したといい、「最新鋭の新幹線で乗り心地が楽しみ。(特急の乗り継ぎを含めて)博多―長崎が30分短縮され、西九州地域が活性化する起爆剤になるのでは」と語った。

諫早駅では、諫早市出身で元体操選手の内村航平選手(手前左)が「一日駅長」を務めた=長崎県諫早市で、2022年9月23日午前6時26分、杉山恵一撮影 拡大
諫早駅では、諫早市出身で元体操選手の内村航平選手(手前左)が「一日駅長」を務めた=長崎県諫早市で、2022年9月23日午前6時26分、杉山恵一撮影

 長崎県諫早市のJR諫早駅では元体操選手の内村航平さんが一日駅長に任命され、開業を祝った。【高橋広之、松本美緒、久野洋、杉山恵一】

あわせて読みたい

ニュース特集