「ありがとう、特急かもめ」市民ら別れ惜しむ 佐賀・肥前鹿島駅

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
手作りのボードを持って特急「かもめ」の上り最終列車を待つ米倉禎敦さん=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後10時46分、山口響撮影
手作りのボードを持って特急「かもめ」の上り最終列車を待つ米倉禎敦さん=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後10時46分、山口響撮影

 九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の23日開業に伴って並行在来線区間となるJR長崎線の肥前鹿島駅(佐賀県鹿島市高津原)には22日深夜、廃止される特急「かもめ」のラストランに別れを惜しむ多くの市民や鉄道ファンが駆けつけた。

 23日からは博多―肥前鹿島間は新特急「かささぎ」が運行される。同駅の最後の特急「かもめ」は上りが午後10時45分発、下りが午後11時7分発。

「ありがとうかもめ」と書かれた横断幕や手振り旗を持って、特急「かもめ」上り最終列車を見送る多くの人たち=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後10時49分、山口響撮影
「ありがとうかもめ」と書かれた横断幕や手振り旗を持って、特急「かもめ」上り最終列車を見送る多くの人たち=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後10時49分、山口響撮影

 同駅で「ありがとう特急かもめ」と書いたボードを持っていた佐賀県多久市の看護師、米倉禎敦(よしのぶ)さん(46)は「幼い頃から一番乗った特急。有明海など風光明媚(めいび)な景色を走る姿の写真を撮るのが大好きだった」と振り返った。「新幹線は楽しみで期待もあるが複雑な気持ち。『かもめ』には『今までお疲れさま。ありがとう』と言いたい」と話した。

 鹿島市の高校1年、成平侑央さん(15)は過ぎ去る「かもめ」を動画と写真で熱心に撮影。「ラストランは見たことがなく良い経験になった。小さい頃から乗っていて、記録に残したかった」。

JR肥前鹿島駅で上下線合わせ最後の特急「かもめ」下り最終列車がホームを離れ、夜の暗闇に溶けていった=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後11時18分、山口響撮影
JR肥前鹿島駅で上下線合わせ最後の特急「かもめ」下り最終列車がホームを離れ、夜の暗闇に溶けていった=佐賀県鹿島市で2022年9月22日午後11時18分、山口響撮影

 同市の公務員、村上亜嫁子(あかね)さん(52)はかもめファンの長男で小学6年、星河さん(12)と一緒に見送った。村上さんは「学生時代に過ごした長崎から帰省する際によく利用した。『かもめ』との別れはせつないが『かささぎ』を迎えて、新しい鹿島が生まれてくれたらうれしい」と前を向き、星河さんは「かもめがなくなるのは嫌。でもよく頑張ったね」と話した。【山口響】

あわせて読みたい

ニュース特集