特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

アフガンに眠る100兆円の地下資源 ライバル不在の中国の目算

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アフガニスタン東部のアイナク銅山に建てられた中国の掘削業者の施設=2015年2月、ロイター
アフガニスタン東部のアイナク銅山に建てられた中国の掘削業者の施設=2015年2月、ロイター

 イスラム主義組織タリバンが暫定政権を握ったアフガニスタンで、国土に眠る膨大な地下資源開発の行方が注目を集めている。電気自動車のバッテリー製造に欠かせない希少金属リチウムなどその総額は100兆円を超えるともされる。

 人権問題を理由に米欧の経済制裁が続く中、タリバン側と一定の関係を維持する中国が世界有数の銅山開発に向けて動き始めた。「ライバル不在」の状況で影響力拡大を目指す中国の狙いはすんなり実現するのだろうか。

中国国有企業に採掘権

 「我々は中国と素晴らしい関係を築いており、今後さらに良くなることを願っている」。国営の中国国際テレビ(CGTN)によると、タリバン暫定政権のデラワール鉱物石油相は8月末に記者団の前でこう述べた。中国が主導するアイナク銅山の開発と別の地域の石油開発の2事業についての契約に署名したとして開発を「早期に再開する」と主張。「こうした経済協力は中国とアフガンの双方に恩恵を与える」と語った。

 アイナク銅山は首都カブールの南約40キロに位置し、銅鉱の埋蔵量は1000万トン以上と推定される。世界銀行によると、2007年に当時のカルザイ政権が実施した入札の結果、中国の国有企業「中国冶金(やきん)科工集団(MCC)」が30年契約で採掘権を獲得。しかし、…

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1914文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集