台風15号が発生、25日にかけ大雨に 強風や落雷、高波に注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風15号の予想進路(2022年9月23日午後9時現在) 拡大
台風15号の予想進路(2022年9月23日午後9時現在)

 23日午前に熱帯低気圧から変わった台風15号は同日午後9時現在、和歌山県・潮岬の南東約120キロにあり、時速約20キロで北東に進んでいる。気象庁によると、中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。西日本から東日本の太平洋側にかなり接近し、25日にかけて大雨になる見込み。25日朝までに温帯低気圧になるとみられる。

 24日午後6時までの24時間予想雨量は多いところで、東海で250ミリ▽関東甲信で180ミリ▽北海道で150ミリ。気象庁は強風や高波、落雷などにも注意するよう呼びかけている。【高島博之】

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集