特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト、零封負け 高津監督、村上に「フルスイングならいい」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プロ野球・ヤクルト
プロ野球・ヤクルト

〇中日3―0ヤクルト●(22日・神宮)

 ヤクルトが1安打零封負け。プロ初登板初先発のドラフト1位・山下輝投手(法大)は毎回走者を背負いながら五回途中2失点と粘ったが、打線が援護できなかった。2位のDeNAが勝ったため、優勝へのマジックナンバーは「4」のまま。

 シーズン55本塁打の村上宗隆選手は4打数無安打で6試合連続で本塁打は生まれなかった。高津臣吾監督の試合後のコメントは次の通り。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文636文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集