特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

大学受験NOW 新学部、学科続々 高まる関心 持続可能性、医療、データサイエンス 九州・山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
来年2月に完成予定の立命館アジア太平洋大の新教学棟外観イメージ=同大提供 拡大
来年2月に完成予定の立命館アジア太平洋大の新教学棟外観イメージ=同大提供

 来春の大学進学を目指す受験生にとっては、そろそろ志望校を絞り込む時期に差し掛かりつつある。その際、既存の学部だけでなく、新たにできる学部や学科も選択肢になるかもしれない。来春を「第2の開学」と位置付ける立命館アジア太平洋大(APU、大分県別府市)が開設するサステイナビリティ観光学部をはじめ、九州・山口の大学の主な新設学部・学科を紹介する。【井上俊樹】

 温暖化や環境破壊などが地球規模の課題となる中、サステナビリティー(持続可能性)はいま最も注目される教育テーマでもある。一般的なサステナビリティー学が「環境」に重点を置いた理系的なアプローチが主流なのに対し、APUの新学部は国内で初めてサステナビリティー学と観光学を組み合わせたのが大きな特徴だ。大学によると、「環境」だけでなく「社会」「経済」「文化」といった、持続可能な社会の実現に必要な4要素を複合的に学べるカリキュラム設計になるという。

 サステイナビリティ観光学部の初代学部長に就任する李燕(りえん)副学長は「観光は自然や人間、文化、歴史といった地域の資源があってこそ成り立つ。経済的な発展と同時に、それを保護することこそ正に持続可能な社会の実現につながる」と新学部の意義を強調。その上で、別府温泉に代表される観光地を抱える別府市に立地し、約5600人の学生の半数近くを留学生が占めるAPUだからこそ意味のある学部だと付け加えた。

 350人の入学定員の半数は留学生になる見込みで、国際機関や国内外の観光地、自治体、観光関連企業など現場での実践や調査を卒業の要件にするのも特徴の一つだ。

言語聴覚学科を設置予定の福岡国際利用福祉大=同大提供 拡大
言語聴覚学科を設置予定の福岡国際利用福祉大=同大提供

 新学部の開設に合わせ、来春には3階建ての新教学棟や、261室を収容する新たな学生寮も完成予定だ。李副学長は「英米や中国の大学は基本的に寮生活。日本の大学に足りていないのは寮だ」と指摘。既存の寮と併せて入寮を希望する1年生全員が入居可能となり、留学生との共同生活により視野が広がることも期待される。

 学部・学科の新設や再編は医療・看護系で目立つ。国際医療福祉大(栃木県)は大川キャンパス(福岡県大川市)にある福岡保健医療学部に看護学科を、姉妹校の福岡国際医療福祉大(福岡市)は医療学部に言語聴覚学科をそれぞれ開設する予定だ。

 言語聴覚学科では国家資格の「言語聴覚士」を養成。言語聴覚士は言語障害や嚥下(えんげ)(飲み込み)障害などがある人への訓練や指導を担い、病院のリハビリテーション科などが主な活躍の場となる。さらに難聴や吃音(きつおん)、発達障害などにも対応し、福祉や教育現場などでも欠かせない人材だ。福岡国際医療福祉大は「人とのコミュニケーションを大切にし、患者さまの思いを受け止め一緒に考えられる学生に入学してほしい」と話している。

 このほか、日本文理大(大分市)は▽診療放射線学(入学定員80人)▽臨床検査学(50人)▽臨床医工学(30人)――の3コースからなる保健医療学部を、大分大(大分市)は医学部に生命健康科学(20人)と臨床医工学(15人)の2コースからなる先進医療科学科を新設予定だ。

 データサイエンス系の学部や学科の新設も相次ぎ、山陽小野田市立山口東京理科大(山口県山陽小野田市)は工学部に数理情報科学科を設置する。(1)数物・計算技術(2)生命科学(3)データサイエンス・情報解析・ソフトウエア(4)自然言語処理――の4分野について学ぶことができる。

数理情報科学科を新設する山陽小野田市立山口東京理科大=同大提供 拡大
数理情報科学科を新設する山陽小野田市立山口東京理科大=同大提供

 大量のデータを数学や統計学、AI(人工知能)などの技術を駆使して分析、課題を発見して新たな価値を創造するデータサイエンティストは今や、ITや通信、自動車、金融、医療などさまざまな分野に欠かせない職種だ。同大の池北雅彦理事長は「データに基づいて解析し、課題を解決できる人材の育成が大学に求められている」と述べた上で、工学部と薬学部を擁する全国唯一の公立大という特色も踏まえ「創薬などの分野でも貢献したい」と意気込む。

 このほか、名桜大(沖縄県名護市)も国際学群にあった情報システムズ専攻と診療情報管理専攻を統合し、人間健康学部に健康情報学科を新設してデータサイエンティストを養成する。

 データサイエンスについては近年、専門の学部や学科でなくても学べる大学は増えており、文部科学省は正規の教育課程のうち優れた教育プログラムを「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」に認定。西日本工業大(福岡県苅田町)が「デジタル社会で必要な基礎的素養を身につけるため」に、工学部とデザイン学部の1年生全員を対象に開講している必修科目「データサイエンス入門」もその一つだ。

 数理情報科学科を新設する山口東京理科大も新学科とは別に、同プログラムの中でも「先導的で独自の工夫や特色を有するもの」が対象の「数理・データサイエンス・AI教育プログラムプラス」に選定されている。データサイエンスに興味のある受験生にとっては、こうしたプログラムがあるかどうかも大学選びの参考になりそうだ。

就職評価 九工大、福工大が上位

 受験生や保護者にとっては就職実績や大学による就職支援体制も志望校選びの際に気になるところだ。大学通信は毎年、全国の進学校2000校の進路指導教諭にアンケートを実施している。624校が回答した今年の調査で、「就職に力を入れている大学」との評価を九州地区で最も集めたのは九州工業大、2位は福岡工業大だった。両校とも毎年、全国でも上位に位置し、九工大は昨年に続き全国3位、福工大は6位(昨年は5位)に入った。

 大学通信は有名企業400社への実就職率も調査しているが、九工大は今春の実就職率が全国6位の36・8%。大阪大(9位)や早稲田大(12位)、京都大(13位)などよりも上位で、パナソニックや日立製作所、九州電力などの有名企業に多くの学生が就職した。

 福工大は毎年100%近い就職率を誇り、大学のホームページによると、今春も7割以上の学生が第1志望の企業に決まった。学内で大規模な合同企業説明会を積極的に開いたり、県外就職を目指す学生に交通費を補助したりするなどきめ細かい支援をしており、大学通信の井沢秀(しげる)情報調査・編集部長は「学生のためならば何でもするという職員の姿勢が高校側にも伝わっているのだろう」と語る。

 進路指導教諭による「生徒を伸ばしてくれる大学」ランキングでも九州地区の1位になったのは九工大だった。井沢部長は「就職実績に加え、マンツーマンの手厚い指導も評価された」と解説。九州地区の2位に入った立命館アジア太平洋大(APU)ついては、日本人と留学生が一緒の寮生活や少人数授業、充実した海外研修制度などの教育環境を挙げ「日本人学生の視野も人脈も広がる。高校の先生たちはAPUに進んだ卒業生たちの大人びた姿を見て『伸ばしてくれる大学』と評価しているのだろう」と話した。


2023年4月に学部・学科を新設予定の九州・沖縄・山口の主な大学

大学         学部            入学定員 所在地

<学部新設>

日本文理大      保健医療           160 大分市

立命館アジア太平洋大 サステイナビリティ観光    350 大分県別府市

鹿児島国際大     看護              80 鹿児島市

<学科新設>            学科

市立山口東京理科大  工      数理情報科学   60 山口県山陽小野田市

福岡国際医療福祉大  医療     言語聴覚     40 福岡市

国際医療福祉大    福岡保健医療 看護       60 福岡県大川市

大分大        医      先進医療科学   35 大分市

名桜大        人間健康   健康情報     80 沖縄県名護市


大学通信の進路指導教諭アンケート(九州地区)

 ◆就職に力を入れている大学

(1)九州工業大 国立

(2)福岡工業大 私立

(3)西南学院大 私立

(4)九州産業大 私立

(5)九州大   国立

 ◆生徒を伸ばしてくれる大学

(1)九州工業大

(2)立命館アジア太平洋大(APU) 私立

(3)九州大

(4)福岡工業大

(5)福岡女子大           公立

 ※APUは大分県、他は福岡県


受験生を応援! プレゼント付き!アンケートのお願い

 「大学受験NOW」について、アンケートのご協力をお願いします。

締め切りは12月13日(火)午後8時です。上記のQRコードか、次のURLから。

https://www.mainichi.co.jp/form/daigaku2209s

プレゼントはこちら

(1)図書カードNEXT5000円分 40人

(2)大塚製薬・カロリーメイト「受験生応援パッケージ」カロリーメイトリキッド+カロリーメイトゼリー 30人

(3)“時事問題学習におすすめ”2022年度版 ニュース検定公式テキスト「時事力」発展編(1・2・準2級対応) 10人

 個人情報の取り扱いについて

プレゼントは協賛会社より提供されます。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

個人情報は、毎日新聞社の個人情報取り扱い指針にのっとり、厳重な管理のもと賞品の発送やマーケティング目的で保存、利用します。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集