プロ野球 ソフトバンク・明石、笑顔で会見 「タカで引退、一番の誇り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
現役引退を発表し、牧原大(左)と中村晃(右)から花束を受け取ったソフトバンクの明石=ペイペイドームで2022年9月23日(球団提供)
現役引退を発表し、牧原大(左)と中村晃(右)から花束を受け取ったソフトバンクの明石=ペイペイドームで2022年9月23日(球団提供)

 ソフトバンクは23日、明石健志内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。プロ19年目の今季は21試合出場、打率1割3分8厘にとどまっていた。ペイペイドームで記者会見し「ホークスで野球をして、引退できたことが一番誇れる」と笑顔で胸を張った。

 北海道出身の明石は2004年に山梨学院大付高(現…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

あわせて読みたい

ニュース特集