特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア軍の戦争犯罪 国連人権理事会が現地調査で多数確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ニューヨークの国連本部=和田浩明撮影
ニューヨークの国連本部=和田浩明撮影

 国連人権理事会が設置したロシアによるウクライナ侵攻を巡る調査委員会は23日、「ロシア軍による戦争犯罪が起きたとの結論に至った」と発表した。民間人を巻き込んだ住宅密集地への攻撃や、子供への性的暴行や拷問などが現地調査で確認された。

 調査委は、クラスター弾や多連装ロケットシステムが使用され、多くの攻撃が民間人と戦闘員の区別なく行われたとした。また、拷問を16カ所で確認し、後ろ手に縛られた状態や頭部への銃創、喉の切り裂きが遺体に共通していたという。ロシア軍による性的…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集