110番中に動画を送れます 「映像通報システム」10月から開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 警察庁は、110番の通報者がスマートフォンやタブレット端末で動画を警察に送信できる「110番映像通報システム」を10月1日から全国の警察で導入すると発表した。事件・事故や災害などの目撃者が現場の状況を動画で伝えることで、警察官の初動対応をスムーズにするのが狙い。

 警察庁によると、110番通報を受けた各警察本部の通信指令室の担当者は、通報者が安全な場所におり、撮影に同意した場合、通報者のスマホやタブレット端末に、ショートメッセージサービス(SMS)で専用サイトの「ワンタイムURL」を送信する。

 通報者は、スマホなどのスピーカー機能を使って会話を続けながら、URLをタッチして、通信指令室から口頭で聞いたアクセスコードを入力するとシステムにログインできる。動画の著作権を放棄することなどの留意事項に同意すると、撮影が開始される。撮影した動画は現場に向かっている警察官の端末に送信されるという。県境の事案などでは他の警察本部に送ることも可能だ。日本語のほか、英語や中国語、韓国語にも対応している。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文843文字)

あわせて読みたい

ニュース特集