特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

26日からコロナ全数把握簡略化 対象外・若年軽症者の支援体制は?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 新型コロナウイルス感染者の全数把握の簡略化が26日、全国一律でスタートする。医療機関や保健所の負担を軽減し、重症化リスクの高い高齢者らへのフォローに医療資源を注ぐことが目的だ。一方、全数把握の対象外となる若年軽症者らはどこで検査し、どのように支援を受けられるのだろうか。

 全数把握の簡略化に伴い、医療機関が保健所に提出する感染者の「発生届」の対象は①65歳以上②入院が必要な患者③重症化リスクのある人④妊婦――に限られる。それ以外の若年軽症者らは発生届が不要になり、例えば大阪府では感染者の約75%が対象外となるため、医療機関などの負担が軽減されるとみられる。

 では、こうした対象外の人たちは今後、発熱やせきなどの症状が出たらどうしたらよいのか。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文832文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集