持続可能Rock、北九州から発信 泉谷さん「音楽フェスに新モデル」 12組が熱演 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秋空の下、アーティストの演奏に盛り上がる観客たち
秋空の下、アーティストの演奏に盛り上がる観客たち

リサイクル・再エネ・食品ロス削減、SDGs4ブース

 「北九州ロックフェスティバル2022 with SDGs spirits」が24日、ミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区)で開かれ、12組の豪華アーティストによるパフォーマンスで盛り上がった。「ロックとSDGs(持続可能な開発目標)の融合」をコンセプトに、再生可能エネルギーの活用や食品ロス削減などの取り組みも見られた。【林大樹】

 ステージでは、市出身ロックバンド、175R(イナゴライダー)のボーカルのSHOGOさんが「SDGs意識していますか」などと投げかけると、会場からは歓声代わりに拍手が湧き起こった。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文524文字)

あわせて読みたい

ニュース特集