アイヌイタクエエラムアン?

アイヌ語しってる? チプ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

チプ 舟(ふね)、丸木舟(まるきぶね)

 樺太(からふと)ではチシといいます。舟(ふね)はかつてのくらしでの重要(じゅうよう)な交通手段(こうつうしゅだん)で、舟(ふね)に乗(の)って川(かわ)や海(うみ)を移動(いどう)していました。舟(ふね)にはいくつかの種類(しゅるい)があり、川(かわ)や湖(みずうみ)では丸太(まるた)をくりぬいてつくった丸木舟(まるきぶね)、海(うみ)では波(なみ)よけのために丸木舟(まるきぶね)に板(いた)をつけて舟(ふね)の側面(そくめん)を高(たか)くした板(いた)と…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

あわせて読みたい

ニュース特集