特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

国葬反対、300人デモ 高崎で市民有志 「国民不在の決定」 /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相の国葬に反対し、プラカードを掲げてデモ行進する参加者=群馬県高崎市で、2022年9月25日、川地隆史撮影
安倍晋三元首相の国葬に反対し、プラカードを掲げてデモ行進する参加者=群馬県高崎市で、2022年9月25日、川地隆史撮影

 27日に行われる安倍晋三元首相の国葬を前に、弁護士や宗教者ら市民有志が25日、高崎市役所前で国葬反対を訴える集会を開いた。参加者約300人(主催者発表)は「国葬絶対反対」などを叫びながら同市中心部をデモ行進した。【川地隆史】

 呼びかけたのは、吉野晶・群馬弁護士会会長や群馬諸宗教者の集い代表の小野文珖氏、元参院副議長の角田義一氏ら。

 安倍元首相の国葬を巡っては、毎日新聞と社会調査研究センターが9月中旬に実施した全国世論調査で、「賛成」が27%だったのに対し、「反対」が62%となるなど各種世論調査で「反対」が上回っている。カナダのトルドー首相が出席を取りやめ、主要7カ国(G7)の首脳の全員が欠席することも明らかとなった。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文606文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集