特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

日本テレビ社長「放送姿勢に影響ない」 安倍氏国葬で子会社受注

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相の国葬会場となる日本武道館=東京都千代田区で2022年9月21日、宮武祐希撮影
安倍晋三元首相の国葬会場となる日本武道館=東京都千代田区で2022年9月21日、宮武祐希撮影

 日本テレビの石澤顕社長は26日、定例記者会見を開き、安倍晋三元首相の国葬の演出業務を、日本テレビホールディングス(HD)の子会社「ムラヤマ」が受注した点に言及した。石澤社長は「正しい手続きで正当に選んでいただいた。放送姿勢に影響はない」と述べた。

 ムラヤマは安倍元首相が在任中の2015~19年に5年連続で首相主催の「桜を見る会」の会場設営業務を担当。22年3月に、日本テレビHDの傘下に入った。国葬についてはムラヤマ1社しか応札しなかったことから、野党が「実質的には、入札を行わずに特定業者と契約を結ぶ随意契約ではないか」と追及していた。

 石澤社長によると、ムラヤマは創業120年の歴史があり、舞台装飾から始まり、特殊造形やイベントの演出・進行ができる会社という。石澤社長は「日本テレビグループの中にこうしたイベントを専らに、1級建築士の免許を持って設備を整えて進行できる企業がなかったので、ぜひともグループの一員になって一緒にシナジーを生み出していきたいという観点から子会社にした」と説明。そのうえで「戦没者追悼式や東日本大震災の追悼式…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文683文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集