特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

五輪汚職 元理事、資金提供「受け皿」複数の会社準備 身分隠しか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高橋治之元理事
高橋治之元理事

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=が、五輪事業への参入を目指す企業からの資金提供の「受け皿」として、複数の知人の会社を利用した疑いがあることが関係者への取材で判明した。東京地検特捜部は、元理事に「みなし公務員」としての身分を隠す目的があったとみて、「受け皿」になったとみられる会社の社長らへの事情聴取を進めている模様だ。

 関係者によると、公式ライセンス商品として大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」のぬいぐるみを販売した玩具会社「サン・アロー」(東京都)は、元理事の知人が社長を務めるコンサルティング会社(同)を介して約800万円を元理事に提供した疑いが浮かんでいる。この知人の社長は元理事と大学が同窓でゴルフ仲間だという。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文894文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集