日銀・黒田総裁「為替介入は適切」 政策との矛盾「ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 連休明け26日の東京外国為替市場の円相場は一時1ドル=144円台をつけた。22日に政府・日銀が約24年ぶりとなる円買い・ドル売りの為替介入を実施した直後、145円台後半まで急落していた円相場は140円台に戻したが、介入前の水準に近づいてきた。

 日銀の黒田東彦総裁は26日、大阪市で記者会見し、政府・日銀の為替介入について「急速かつ一方的な為替の変動は望ましくない。財務相の判断で過度な変動に対する必要な対応として実施されたものと理解しており、適切なものだ」と評価。介入の効果についても「1ドル=145円の後半だったが、(介入で)一気に5…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

あわせて読みたい

ニュース特集