連載

14色のペン

国内外の異なる部署で取材する14人の中堅記者が交代で手がけるコラム。原則、毎日1本お届けします。

連載一覧

14色のペン

秋の鹿は恋のにおい 「可愛い」だけじゃないその背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
立派な角の雄鹿。秋は恋の季節だ=奈良市で2022年9月22日午後0時39分、花澤茂人撮影
立派な角の雄鹿。秋は恋の季節だ=奈良市で2022年9月22日午後0時39分、花澤茂人撮影

 お彼岸も過ぎいよいよ秋めいてきましたが、読者の皆さんはどんな時に秋の気配を感じますか。私の場合、田んぼのヒガンバナや、果物売り場のナシやブドウを見た時でしょうか。今回はもう一つ、私の住む奈良の町ならではの秋の話題を紹介します。【大阪学芸部・花澤茂人】

 奈良公園(奈良市)周辺では、秋の訪れを鼻で感じることがある。酸っぱいような独特のにおい。その発生源は、恋に燃える雄鹿たちだ。

 雄鹿はお盆過ぎごろから少しずつその表情を変える。例えば角。産毛のある柔らかな外皮がめくれ、硬く鋭い角が現れる。きれいな鹿(か)の子(こ)模様だった茶色い体毛も、黒っぽい冬毛に生え変わる。

 そして首回りなどの毛は整髪料でもつけたかのようにツンツン。水たまりなどに…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1247文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集