静岡・バス熱中症死 再発防止へ県が立ち入り調査開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
保育施設の送迎バスの運転手(左)から日ごろの業務内容を聞き取る静岡県職員=磐田市で2022年9月27日(代表撮影)
保育施設の送迎バスの運転手(左)から日ごろの業務内容を聞き取る静岡県職員=磐田市で2022年9月27日(代表撮影)

 静岡県牧之原市静波の認定こども園「川崎幼稚園」に通う河本千奈ちゃん(3)が送迎バスに取り残されて熱中症で死亡した事件で、県は27日、県内で送迎バスを運行する保育施設と特別支援学校への立ち入り調査を始めた。再発防止に向け、降車確認が徹底されているのかなど安全管理の実態をチェックする。

 対象は232施設で、県は11月中旬までに静岡市、浜松市と協力して順次調査を進める。11月下旬をめど…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集