特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍元首相国葬 被災地首長、対応割れる 静岡取りやめ、浜松出席 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三元首相の国葬に合わせて静岡市役所前には半旗が掲げられた=静岡市葵区で2022年9月27日、松浦吉剛撮影
安倍晋三元首相の国葬に合わせて静岡市役所前には半旗が掲げられた=静岡市葵区で2022年9月27日、松浦吉剛撮影

 参院選の遊説中に銃撃されて亡くなった安倍晋三元首相の国葬が27日、賛否が割れる中、東京・日本武道館で行われた。県内は台風15号の爪痕が各地で残る。首長の対応や市民の声を聞いた。【長沢英次、五十嵐和大、皆川真仁、松浦吉剛、銅崎順子】

市民災害復旧が第一/頑張った人だから

 川勝平太知事は7月下旬に奈良県であった全国知事会に出席した際、銃撃現場に赴いていた。「すでに弔意を表し、改めて参列はしない」とのコメント通り、出席しなかった。

 台風15号の被災地の首長の対応は割れた。田辺信宏・静岡市長は、台風による大規模な断水や浸水被害などに対応するため国葬出席を取りやめた。一方で鈴木康友・浜松市長は予定通り出席した。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1293文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集