特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

政治利用の意図感じられず 石埼学龍谷大教授が見た「安倍氏の国葬」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本武道館で行われた安倍晋三元首相の国葬=東京都千代田区で2022年9月27日午後2時16分(代表撮影)
日本武道館で行われた安倍晋三元首相の国葬=東京都千代田区で2022年9月27日午後2時16分(代表撮影)

 参院選の遊説中に銃撃され、亡くなった安倍晋三元首相の国葬が27日、日本武道館(東京都千代田区)で営まれた。戦後の首相経験者では1967年の吉田茂元首相以来2例目となった今回の国葬の評価について、石埼学龍谷大教授(憲法学)に聞いた。【聞き手・加藤明子】

 ――国葬はどう映ったか。

 ◆安倍氏の生前の姿が国葬の会場で上映されると知り、その内容が政治的な宣伝をしようとするものであればよくないと思ったが、安倍氏を過剰にほめたたえるわけでもなく、穏当な内容だった。岸田文雄首相の追悼の辞を含め、国葬を政治利用しようという意図は全く感じられなかった。全体を通して宗教性もなく、憲法学者として何も問題を感じなかった。

 ――国葬実施には「法的根拠がない」「国会の関与が必要だった」などと批判が相次いだ。

 ◆今回の国葬は国民の権利を制限したり、国民に義務を課したりするものではない。そのため、国会が制定した法律の根拠がなくても、内閣が閣議決定で国葬を実施することは憲法上問題はない。

 国葬費用として支出を決めた予備費の執行については、…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1237文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集