特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア実効支配のウクライナ4州 「住民投票」賛成多数と発表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシアが実効支配しているウクライナ東部と南部の計4州で27日、ロシアへの編入の是非を問う「住民投票」が締め切られ、4州の親露派は即日開票の結果、賛成票が多数を占めたとそれぞれ発表した。プーチン露大統領が10月上旬にも編入を宣言するとみられるが、国際社会からは投票の正当性を疑う声が相次ぐ。

 タス通信によると、暫定集計の結果、賛成票は東部ドネツク州で99%(投票率97%)、同ルガンスク州で98%(同94%)、南部ザポロジエ州で93%(同85%)、同ヘルソン州で87%(同76%)を占めたという。

 ロシアのウォロジン下院議長は28日、編入受け入れについて下院での審議と採決を10月3、4両日に予定していると発言。その後に上院で採決してから、プーチン氏が編入を受け入れる文書に署名する見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文845文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集