特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ノルド・ストリームでガス漏れ 現場で爆発か 破壊工作の指摘も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ロシアが欧州向け天然ガスをドイツに輸送する海底パイプライン「ノルド・ストリーム(NS)」と「ノルド・ストリーム2(NS2)」の計3カ所でガス漏れが発生し、何者かによる破壊工作の可能性が取り沙汰されている。

 欧州メディアが27日、デンマーク当局などの話として一斉に報じた。デンマーク当局によると、NSはデンマークとスウェーデンの排他的経済水域(EEZ)内の2カ所で、NS2はデンマークのEEZ内の1カ所でガス漏れが確認された。両パイプラインのガス圧は26日から急速に低下した。

 ガス漏れの原因は不明だが、現場近くの水中で26日に爆発のような大規模なエネルギー放出が複数回確認されたとの情報もある。デンマークのフレデリクセン首相は27日、「当局はこれらは事故ではなく、意図的な行為であると明確に判断している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文737文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集