特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシアの「住民投票」 米国務長官「領土編入なら代償負わせる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ブリンケン米国務長官=国連総会で2022年9月23日(代表撮影・AP)
ブリンケン米国務長官=国連総会で2022年9月23日(代表撮影・AP)

 ブリンケン米国務長官は27日の記者会見で、ウクライナ東・南部4州での親露派勢力によるロシア編入に向けた「住民投票」について、「ロシアによるウクライナ領土の編入は決して認めない」と強調した。ロシアが試みた場合には「迅速に厳しい追加の代償を負わせる」と警告した。

 ブリンケン氏は、住民投票について改めて…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集