特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

旧統一教会関係会議や大会であいさつ 細田衆院議長が接点認める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
細田博之衆院議長が発表した世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自身との接点について説明する文書=国会内で2022年9月29日午後2時40分、竹内幹撮影
細田博之衆院議長が発表した世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自身との接点について説明する文書=国会内で2022年9月29日午後2時40分、竹内幹撮影

 細田博之衆院議長は29日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体と自身の接点があったことを認める文書を公表した。旧統一教会系のイベントに計4回出席したなどとし、「今後、社会的に問題があると指摘される団体などとは関係を持たないよう適切に対応したい」とした。細田氏が教団との関係について説明するのは初めて。

 文書によると、細田氏は2018年3月~19年10月、関連イベントに計4回出席し、そのうち韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁が提唱したとされる国際会議(19年10月)や、関連団体「国際勝共連合」の記念大会(18年10月)であいさつした。また、19年6月に関連団体から憲法改正に関するインタビュー取材を受けた。21年6月には教団と関係が深い「日本・世界平和議員連合懇談会」の名誉会長に就任し、「日韓海底トンネ…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文691文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集