日本製鉄出資のインド鉄鋼メーカー、1兆700億円投じ生産強化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本製鉄が出資するインド鉄鋼メーカーが生産体制を拡充するハジラ製鉄所=日本製鉄提供
日本製鉄が出資するインド鉄鋼メーカーが生産体制を拡充するハジラ製鉄所=日本製鉄提供

 日本製鉄は28日、同社が4割を出資するインドの鉄鋼メーカー「アルセロール・ミタル・ニッポンスチールインディア(AMNSI)」が総額1兆700億円を投じ、生産体制を拡充すると発表した。高炉2基を新設するなど生産能力を大幅に引き上げ、周辺の港湾や電力といったインフラの関連企業も買収する。拡大が見込まれる現地の鋼材需要を取り込むのが狙いだ。

 AMNSIがインド西部のハジラ製鉄所に約4100億ルピー(約7300億円)を投資。高炉2基を2025年後半以降に順次稼働させ、溶けた鉄をつくる転炉といった関連設備も新たに設ける。粗鋼生産量は現状から約7割増え年間約1500万トンとなる。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文597文字)

あわせて読みたい

ニュース特集