特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

米、編入強行なら更なる制裁 「住民投票」結果は「露の筋書き通り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 米ホワイトハウスのジャンピエール報道官は28日の記者会見で、ウクライナ東・南部での親露派勢力による「住民投票」でロシア編入への賛成票が多数を占めたことについて「ロシア政府の筋書き通りで、捏造(ねつぞう)されたものだ」と批判した。投票結果を口実にロシアが編入を強行すれば「国際法や国連憲章の重大な違反となり、同盟国らと協力してロシアの行動を支援する個人・団体にさらなる経済制裁を科す」と警告した。

 ジャンピエール氏は、住民投票について「ウクライナ市民は武装した兵士の監視下で投票を余儀なくされた」と指摘。「武装した役人が有権者に対し、家を一軒一軒訪ねたり、路上で呼び止めたりして投票を強要した」と非難した。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文657文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集