「手話は言語」広めよう 小鹿野・青色にライトアップ /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青い光に浮き上がる「鳩をだいた少女の像」=埼玉県小鹿野町で2022年9月23日午後5時54分、山田研撮影
青い光に浮き上がる「鳩をだいた少女の像」=埼玉県小鹿野町で2022年9月23日午後5時54分、山田研撮影

 国連が定めた「手話言語の国際デー」の23日夜、小鹿野総合センター(小鹿野町小鹿野)前の彫像が青色にライトアップされた。

 「手話が言語である」ことを広めるため、全日本ろうあ連盟が全国の自治体などに名所や施設のライトアップを呼びかけた。同連盟ホームページ(HP)によると、県内では久喜、深谷、熊谷、坂戸…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい

ニュース特集