特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ トキワ荘マンガミュージアム(東京都豊島区) 伝説のアパート 夢、熱気 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石ノ森章太郎さんのアシスタントだった山内ジョージさんが入居していた18号室
石ノ森章太郎さんのアシスタントだった山内ジョージさんが入居していた18号室

 豊島区南長崎にあった木造アパートのトキワ荘は1950~60年代に手塚治虫さんや藤子・F・不二雄さんらが住んでいた「伝説のアパート」だ。区が82年に解体されたトキワ荘を、跡地に近い南長崎花咲公園内に再現し、2020年7月にミュージアムとして開館した。

 建物外観は、アパート完成から10年後の60年代の状態を忠実に再現している。外壁に汚れを付け、窓の手すりにサビをつける「エイジング加工」もした。

 玄関で靴を脱いで館内に入る。2階へつながる階段を1段ずつ上るたびにギシギシときしむ。豊島区の熊谷崇之マンガ・アニメ活用担当課長(45)は「先生方が暮らした当時のトキワ荘を体感できるよう、階段のきしむ音まで忠実に再現しました」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文720文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集