特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン氏、ウクライナ4州の編入を宣言 欧米は非難、緊張高まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プーチン露大統領
プーチン露大統領

 プーチン露大統領は9月30日、ウクライナの東部・南部4州で強行した「住民投票」の結果を理由にして、一方的に、4州をロシア領に編入すると宣言した。プーチン氏と4州の親露派指導者はそれぞれ「ロシアへの編入」を定めた「条約」に調印した。ウクライナや欧米諸国などは非難しており、更なる緊張の高まりを避けられない情勢だ。

 プーチン氏は30日午後、大統領府(クレムリン)でセレモニーに臨み、4州の親露派代表やロシアの上下両院議員を前に演説。「キエフ(キーウ)の政権(ウクライナ政府)には即座に戦闘を中止し、交渉のテーブルに戻るべきだと呼びかける」と語り、無条件の停戦と和平交渉の再開を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1205文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集