「ぶっちゃけ」「半端ない」は約6割が気にならない 国語世論調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新しい表現を「使うか」「気になるか」
新しい表現を「使うか」「気になるか」

 「半端ない」「ぶっちゃけ」という新しい表現について気にならないとする人が約6割に上ることが、文化庁が30日に公表した2021年度の「国語に関する世論調査」で明らかになった。いずれも著名人を介して注目され、メディアで繰り返し使われた影響などで一般化したとみられる。

 調査は、国語に関する意識や理解度を調べるために1995年度から毎年実施。今回は今年1月に16歳以上の男女6000人を対象に調査票を郵送し、3579人(回答率59・7%)から回答を得た。新しい表現や文法上は不正確な言葉を使うかどうかなどを尋ねた。

 「中途半端でない」ことを指す「半端ない」は、60・2%が「気にならない」と回答。「使うことがある」と答えたのは46・4%で、11年度調査の20・1%から倍増した。「正直なところ」を意味する「ぶっちゃけ」は、「使うことがある」が41・4%、「気にならない」が55・7%だった。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1194文字)

あわせて読みたい

ニュース特集