特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

旧統一教会に「こども110番の家」看板 行政は把握せず、指摘で撤去

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世界平和統一家庭連合江南家庭教会の玄関に設置されている「こども110番の家」のプレート=愛知県江南市で2022年9月29日午後0時3分、川瀬慎一朗撮影(画像の一部を加工しています)
世界平和統一家庭連合江南家庭教会の玄関に設置されている「こども110番の家」のプレート=愛知県江南市で2022年9月29日午後0時3分、川瀬慎一朗撮影(画像の一部を加工しています)

 愛知県江南市にある世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の教会が、危険を感じて助けを求めてきた児童を保護し、警察に通報するボランティア活動「こども110番の家」のプレートを掲げていたことが判明した。看板には「こうなんけいさつしょ」とも書かれていたが、市や県警江南署は存在を把握していなかった。

 毎日新聞から問い合わせを受けた市教育委員会の担当者が30日、教会を訪れて撤去した。地域住民からは「旧統一教会が地域の信頼を得ているかのようで、おかしいのでは」などと、疑問の声が出ていた。

 市によると、「こども110番の家」は通常、登録を希望する人が地域の小学校に申請。学校が検討のうえで警察に連絡し、警察が委嘱する仕組みという。

 問題の看板は、教会の正面玄関の内側に張られ、ガラス越しに外部からも見えるようになっていた。「こども110番の家」や「こうなんけいさつしょ」の文字と共に、近隣小学校の学区名が書かれていた。

 29日、市や市教委の担当者に話を聞くと、看板の存在について「知らなかった」と口をそろえた。

 そこで、この小学校に尋ねたところ、校長は「勤務7年目だが、掲示は知らなかった。学校側がお願いしたものではないと思う」。通学路沿いの看板については毎年確認しているが、教会前の道は通学路でないため、看板の存在…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1574文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集