特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシアのウクライナ4州併合 バイデン氏「世界は認めない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国のバイデン大統領=ワシントンで2022年9月30日、AP
米国のバイデン大統領=ワシントンで2022年9月30日、AP

 バイデン米大統領は9月30日、ホワイトハウスで演説し、ロシアがウクライナ東部・南部4州を一方的に併合すると宣言したことについて「米国も世界も決して認めない」と表明した。「プーチン露大統領は隣国の領土を奪って、逃げることはできない」と強調し、ウクライナ支援の継続を訴えた。

 バイデン氏は、ロシアがウクライナへの侵攻で劣勢にあることを踏まえ「プーチン氏の行動は、もがいていることを示している」と指摘。北大西洋条約機構(NATO)加盟国を防衛する決意を改めて示し「領域の隅々まで守る。ミスター・プーチン、誤解するな」と警告した。

 ロシアからドイツに天然ガスを輸送する海底パイプラインでガス漏れが発生した問題については「意図的な破壊工作だ」と説明した。ロシアが偽情報を流しているとし「同盟国と協力して何が起きたのかを突き止める」と話した。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文807文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集