特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

ロシア、核兵器使用ちらつかせる(10月1日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オンラインによる安全保障会議に出席したプーチン露大統領=モスクワで2022年9月29日、スプートニク通信ロイター
オンラインによる安全保障会議に出席したプーチン露大統領=モスクワで2022年9月29日、スプートニク通信ロイター

 ロシアによるウクライナ東・南部4州の一方的な編入で、緊張は避けられない情勢だ。ロシアは自国領と強弁する占領地が攻撃された場合、核兵器を使う可能性もちらつかせている。一方、ウクライナのゼレンスキー大統領はNATO加盟申請を表明。国連安全保障理事会は、親露派勢力による「住民投票」を非難する決議案を採決。採択に必要な9カ国を上回る10カ国が賛成したが、常任理事国のロシアが拒否権を行使し、否決された。ウクライナ情勢を巡る日本時間1日の動きをまとめた。【デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1140文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集