特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

実弾装塡の拳銃4丁 入れたままロッカー返却 安倍氏国葬で警視庁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
警視庁
警視庁

 警視庁は1日、安倍晋三元首相の国葬に伴い他道府県警から派遣された警察官の拳銃4丁をロッカー内に入れたまま、ロッカーのリース業者に誤って返却したと発表した。置き忘れがあったのは9月30日で、拳銃はそれぞれ実弾が装塡(そうてん)された状態だった。4丁は約4時間後に回収され、使用された形跡などはなかった。

 警視庁警備1課によると、ロッカーは東京都府中市の警察大学校内に臨時的に置かれ、国葬警備のために他道府県から応援に来ていた警察官10人の拳銃(計10丁)の保管場所となっていた。ロッカーの施錠や拳銃の出し入れは警視庁警護課の職員が監督していたという。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文639文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集