特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ陽性妊婦、救急車内で出産 陣痛後も分娩先見つからず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 新型コロナウイルスの流行「第7波」で感染者が増加した8月、陽性になり自宅療養していた京都府内の妊婦が、陣痛後に分娩(ぶんべん)先の病院が見つからず、救急車内で出産していたことが1日、複数の関係者への取材で分かった。車内に医師や助産師はおらず、救急隊が対応した。母子ともに健康だが、府内の産婦人科医は「危険な事例」と指摘した。

 京都中部広域消防組合(亀岡市)などによると、女性は無症状で、自宅療養中の8月3日午後9時20分ごろ、陣痛を訴え家族が119番。かかりつけの産婦人科の医院では感染防止態勢が不十分なため陽性者を受け入れられず、この医院や府のコロナ入院医療コントロールセンターを通じ、京都市内の病院と調整を図った。病院は府が指定する「地域周産期母子医療センター」で、一次的に調整や受け入れに当たる立場だった。

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1480文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集