「副業に公務員どうですか」 和歌山県が兼業人材を大規模募集

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
民間企業に籍を置きつつ、県庁で働く人材を大規模に募る計画
民間企業に籍を置きつつ、県庁で働く人材を大規模に募る計画

 副業で公務員、してみませんか――。和歌山県が民間企業に勤める多くの専門人材を、兼業のまま受け入れる計画を進めている。2023年度からの予定で、県によると、20人程度を想定し、全国都道府県の中でも大規模な取り組みとなる。情報技術で業務変革を図るデジタルトランスフォーメーション(DX)のほか、串本町で予定されている民間小型ロケット発射に伴い進める「宇宙教育」に携わる人材などを想定。“お役所仕事”の内実を知ってもらい、改善する方策の一つで、県は「企業とのウィンウィンの関係を目指す」としている。

 専門知識のある人材に、民間企業に籍を置きつつ、局長級を支える「右腕役」として県庁で勤務してもらう。政策を形づくる際、専門性を生かして助言するなど、月4回程度の出勤を想定し、日数に応じて給与を支払う予定。今までにない発想を得たり、企画力向上を図ったりする狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1097文字)

あわせて読みたい

ニュース特集