春夏王者対決、大阪桐蔭に軍配 仙台育英を降す 国体・高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
仙台育英に勝利し、喜ぶ大阪桐蔭の選手ら=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月2日午後4時29分、玉井滉大撮影
仙台育英に勝利し、喜ぶ大阪桐蔭の選手ら=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月2日午後4時29分、玉井滉大撮影

 栃木県で開かれている第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」は2日、宇都宮市の宇都宮清原球場で特別競技・高校野球(硬式)の1回戦が行われた。第3試合では夏の甲子園優勝の仙台育英(宮城)と、今春のセンバツを制した大阪桐蔭(大阪)が直接対決。終盤までもつれる接戦は、3―1で大阪桐蔭に軍配が上がった。

 大阪桐蔭は昨秋の明治神宮大会と今春のセンバツで優勝。3度目の春夏連覇を狙った夏の甲子園は、準々決勝で下関国際(山口)に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1129文字)

あわせて読みたい

ニュース特集