特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

ヤクルト・村上宗隆が最年少3冠王 22歳 松中以来18年ぶり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-DeNA】七回裏ヤクルト無死、56号本塁打を放ち喜ぶ村上=神宮球場で2022年10月3日、三浦研吾撮影
【ヤクルト-DeNA】七回裏ヤクルト無死、56号本塁打を放ち喜ぶ村上=神宮球場で2022年10月3日、三浦研吾撮影

 プロ野球セ・リーグは3日、今季レギュラーシーズンが終了し、ヤクルトの村上宗隆内野手(22)が打率、本塁打、打点の打撃3部門のタイトルを独占する「3冠王」に決まった。村上はこの日のDeNA戦で、王貞治(巨人)らを超えて歴代単独2位となる56号本塁打を放ち、自らの記録に花を添えた。

 3冠王は2004年の松中信彦(ダイエー=現ソフトバンク)以来18年ぶりの快挙で、史上8人目(延べ12人目)。1982年に28歳10カ月で達成した落合博満(ロッテ)の史上最年少記録を大幅に更新した。

 熊本・九州学院高からドラフト1位で18年に入団し、2年目に36本塁打、96打点で新人王を獲得。20年には最高出塁率で初タイトルに輝き、21歳だった昨季は39本塁打でリーグ最年少タイ記録の本塁打王となった。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文742文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集