特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

アインシュタインも注目した「量子もつれ」実証 ノーベル物理学賞3氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アインシュタイン
アインシュタイン

 スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2022年のノーベル物理学賞を、仏パリ・サクレー大のアラン・アスペ教授(75)と米国のジョン・クラウザー博士(79)、オーストリア・ウィーン大のアントン・ツァイリンガー名誉教授(77)の3人に授与すると発表した。「量子もつれ」と呼ばれる特殊な関係を立証するなどし、量子情報科学の先駆けとなったことが評価された。

 光子(光の粒)など非常に小さな粒子を扱う「量子力学」の世界では1930年ごろ、「量子もつれ」という不可解な現象が予想されていた。

 こうした粒子は確かめられるまで、状態が決まらない性質がある。ある二つの粒子では、ど…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文933文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集