「形に残るもの、うれしい」福井・越前のパートナーシップ制度に4組

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パートナーシップ宣誓書受領証を受け取り笑顔の竹内パンダさん(左)とパートナーの女性=福井県越前市で、国本ようこ撮影
パートナーシップ宣誓書受領証を受け取り笑顔の竹内パンダさん(左)とパートナーの女性=福井県越前市で、国本ようこ撮影

 福井県越前市は1日、LGBTQなど性的少数者の成人カップルをパートナーとして公的に証明する「パートナーシップ宣誓制度」を、県内の自治体で初めて開始した。10月の開庁日初日となる3日、希望する5組のうち、4組のカップルに受領証が交付された。市によると、制度を導入する自治体は、富山、石川を含めた北陸3県では、金沢、白山両市に続き3例目。

 この日、越前市の鍛冶職人、竹内パンダさん(33)は、パートナーの女性(23)と同市役所を訪れ、受領証の交付を受けた。竹内さんは「私たちには形に残るものがなかったので、うれしい」と話した。取材に顔を出して答えた理由を「私たち(性的少数者)はそばにいると伝えたかった」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文835文字)

あわせて読みたい

ニュース特集