廃校プールを活用し海ぶどう養殖 静岡・沼津 地域活性化に期待

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 昨年春に147年の歴史に幕を下ろした静岡県沼津市内浦三津にある旧市立内浦小のプール跡が、沖縄特産の海ぶどうの養殖施設に生まれ変わった。4日、初めての植え付け作業が実施された。11月中旬には養殖した海ぶどうが出荷できるという。学校の跡地が活用できたうえ、沼津の新たな特産品となれば一石二鳥と、関係者は期待している。

 海ぶどうは沖縄や鹿児島で養殖され、ぷちぷちした食感が人気を呼んでいる。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文629文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集