特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

角川会長、辞任意向も無実主張 東京地検特捜部の見立ては 五輪汚職

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者の質問に答えるKADOKAWAの角川歴彦会長=東京都千代田区で2022年9月5日午後3時、吉田航太撮影
記者の質問に答えるKADOKAWAの角川歴彦会長=東京都千代田区で2022年9月5日午後3時、吉田航太撮影

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で東京地検特捜部は4日、大会のスポンサー選定で便宜を図ってもらう見返りに大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=に計約6900万円の賄賂を渡したとして、出版大手「KADOKAWA」(東京都)会長の角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄罪で東京地裁に起訴した。角川被告は同日、自身を含む社員3人が逮捕・起訴されたことの責任を取るとして、会長職を辞任する意向を弁護団を通じて明らかにした。

 一方、角川会長は「汚職に関与したことなど一切ない」と裁判で無実を主張する方針を示した。また、KADOKAWAは5日に記者会見を開き、夏野剛社長が事件について説明する。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文886文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集