特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

五輪汚職、休眠会社への送金は1900万円 ADKが得た報酬の半額

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高橋治之容疑者
高橋治之容疑者

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=の関係先として東京地検特捜部の家宅捜索を受けた大手広告会社「ADKホールディングス」(東京都)が、休眠状態のコンサルティング会社(同)に送金した額が約1900万円だったことが関係者への取材で判明した。ADKがスポンサー契約の代理店業務で得たとされる報酬のほぼ半額にあたり、特捜部は元理事の指示でさらに別の人物や団体に資金が流れたとみて捜査している模様だ。

 関係者によると、ADKは駐車場サービス会社「パーク24」(同)のスポンサー契約で、スポンサー集めの「専任代理店」として組織委から業務委託を受けた大手広告会社「電通」(同)の再委託先となった。パーク24は2018年7月にスポンサーに決定。同社から組織委への協賛金10億円の中から電通に約7500万円、うちADKに同12月に約3750万円が報酬として支払われた。その直後にこのうち約1900万円について…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文610文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集