みずほFGが楽天証券に800億円出資へ 早ければ週内にも合意か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
みずほフィナンシャルグループ本社=北山夏帆撮影
みずほフィナンシャルグループ本社=北山夏帆撮影

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が楽天証券に出資する方向で最終調整していることが5日、関係者への取材で判明した。出資額は約800億円規模で、傘下のみずほ証券を通じて株式の約2割を取得し、持ち分法適用会社とする。早ければ週内に合意する見通し。

 関係者によると、みずほFGは11月にも楽天グループが保有する楽天証券株を取得し、役員を派遣することを検討している。みずほFGと楽天グループは5日、「みずほ証券による楽天証券への出資を含めさまざまな提携の機会を検討していることは事実だが、現時点で決定した事実はない」とコメントした。

 楽天証券は1999年にサービスを開始したインターネット専業の証券会社。2022年6月末時点で国内最大規模の約805万口座を保有しており、みずほ証券と合わせると1000万口座を超える見込み。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文749文字)

あわせて読みたい

ニュース特集