OPECプラス、200万バレル減産決定 11月の原油生産ペース

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
オーストリア・ウィーンのOPEC本部=AP
オーストリア・ウィーンのOPEC本部=AP

 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくるOPECプラスは5日の閣僚級会合で、11月の原油生産ペースを10月に比べて日量200万バレル減らすことを決めた。ロイター通信が伝えた。減産幅は新型コロナ禍の経済活動縮小に対応した2020年4月会合の1000万バレル(18年秋比)以来の大きさとなる。

 世界経済の減速懸念から足元で原油価格は低迷しており、OPECプラスは当面、需要の回復が見込めないと判断した模様だ。11月の生産ペースは現行計画の日量4385万バレルから大幅に減少する。ただ、足元の実際の生産量は、計画ペースを大幅に下回っており、今回の決定の効果は限定的との見方もある。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文879文字)

あわせて読みたい

ニュース特集